屋根の上から見た瓦屋根の様子です。築35年で瓦はまだしっかりしていて大丈夫なのですが雨漏りしています。経年劣化で隅棟瓦から雨漏りしています。見た目はまだ良いように思われますが棟土が痩せてきてのし瓦の勾配が無くなってきて雨水が棟の中入っているのと、のし瓦が下がってきて桟瓦にあたり棟の中に入っているような感じです。

隅棟瓦を崩したら雨漏りのしてる原因がはっきりと分かりました。かなり葺き土も濡れていて、カット桟瓦に切り込みをしていないためと2枚葺きのカット瓦が大きいのが雨漏りの原因かと思われます。棟瓦を捲る前に雨漏りしてそのな箇所は大体は分かりますがはっきりと確信出来る箇所を見つけるのは棟瓦を崩してから分かります。

従来の棟瓦葺土は粘土で面戸漆喰壁を塗っていましたが最近の棟瓦葺土は南蛮漆喰を仕様しています。面戸漆喰を塗る必要がないので剥がれてくる心配が無いので安心です。瓦を緊結する銅線も最近ではステンレス線を仕様しています。銅線は酸性雨と漆喰に仕様すると腐食して来て切れますので当社では仕様はしていません。漆喰に強いと言われているホルマル銅線又電線などもありますが湿気に弱く老朽化してきて腐食します。地域にもよりますが早けれ35年ぐらいから切れている屋根瓦家で見かけます。

[屋根のことなら何なりとご相談下さい!]

[見積り、屋根点検無料]

[連絡先090-2067-2150]